2021年度近赤外線栄養成分測定研究会総会及び講演会(オンライン)を開催しました

jwp

2021年6月9日(水)、オンラインにて「2021年度近赤外線栄養成分測定研究会総会及び講演会」を開催しました。

以下、当日ご質問頂きました内容への回答を記します。

池戸 重信 氏 講演に内容に関する質問事項・回答

栄養表示用のサンプルのテスト頻度はどのくらいが適当でしょうか?(古野 様)

A. 栄養成分表示のための数値の算出方法は、「食品表示法に基づく栄養成分表示のためのガイドライン(第3版 令和2年7月消費者庁 食品表示企画課)
において詳細に示されていますが、分析等の頻度につきましては、「季節間、個体間、期限内の栄養成分等の変動を把握するために十分な数の分析結果」を踏まえることと、「定期的に確認を行うことが望ましい」とされています。

 すなわち、栄養成分表示は、基本的には個々の製品に関するもので、理屈としては個々の製品ごとに分析によることになりますが、それは現実的ではないので、サンプルとして代表的なロットを抽出して分析した数値を使い、また特にばらつき(変動)が多いものについては、「推定値」「目安」という但し書きでも可とするということになっています。

したがいまして、扱っている製品の変動要因(品質に影響しますので当事者は分かっておられるかと思いますが)を考慮して、大幅に変わりそうという時に再分析するということになるかと思います。

また、定期的に分析して、既存の表示値との差を確認しておけば、その製品の特性に応じた「定期的確認」の頻度も分かってくるのではないでしょうか。

いずれにしましても、根拠となるデータを記録保管し、対外的に説明納得してもらう準備をしておくことが大切だと思います。

ところで、公定分析法すなわち手分析は費用も手間もかかり負担が大きいことも事実です。こうした状況の下、短期間で上記の変動や数値の確認が可能となるカロリーアンサーのような近赤外法はモニタリング手法としてきわめて有効だと思います。

①手分析、②計算値、③近赤外法を同時に使って比較し、また相関性を確認した上で数値算出の手法として活用することが重要かつ有効と思えます。
既存の方法としては、JASの品質分析手法としての近赤外法の活用や、排水の総量規制の指標であるCOD手法の代替としてのUV吸収法が認められており、これらも参考にされて、より普及することを願っています。


jwp赤間 発表内容に関する質問事項・回答

カロリーアンサーによる誤差はあるのでしょうか。(山本 様)

A. 測定対象の食品を、適切なモードで測定する場合は、誤差は許容範囲となります。
また、バナナの測定値につきましては、味覚による甘味の評価と、カロリー測定値に、
正の相関が見られることから、測定サンプルの実態を検出、数値化しています。

バナナの測定モードは何モードですか?(森下 様)
A.果実類のアボカド・オリーブ・バナナとなります。

乾燥バナナの測定は何処でしょうか?(森下 様)
A.果実類の乾燥にて測定となります。

果実類のバナナを測定するモードを作る為のサンプル数はいくつですか?(森下 様)
A.測定するモードを構成するサンプル数は、42サンプルとなります。


尚、講演会資料につきましては、会員の方へ公開させて頂いております。
是非、近赤外線栄養成分測定研究会へご入会の程宜しくお願い致します。
ご入会につきましては、近赤外線栄養成分測定研究会 入会案内よりお願い致します。

2021年度近赤外線栄養成分測定研究会総会及び講演会開催のご案内

jwp

時下益々ご健勝のことと存じお慶び申し上げます。平素は当研究会運営に格別のご理解を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、2021年度総会及び講演会を下記の通りオンラインで開催いたします。ご多忙とは存じますが万障お繰り合わせの上ご出席賜りますようご案内申し上げます。

1.総会

日時: 2021年6月9日(水) 11:40~12:00 (受付 11:30~)

場所: オンライン開催(Google Meet)

 

2.講演会

日時: 2021年6月9日(水) 14:00~16:00 (受付 13:30~)

場所: オンライン開催(Google Meet)

講演

14:00~15:00

「食品表示制度の最新動向と栄養成分表示」

公立大学法人宮城大学名誉教授

消費者庁「ECサイトの食品表示検討会」座長 池戸重信 氏

 

15:30~16:00

「カロリーアンサー活用方法紹介」

株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック

 


講演会参加費: 無料
*講演資料は会員のみへ後ほど共有させていただきます。

当日はGoogle Meetでの開催を予定しています。申し込みをいただいたメールアドレスに接続先URLを送る予定です。
*Googleアカウントをお持ちでない方はアカウント登録が必要です。

 

申込期限: 2021年6月4日(金)

 

詳細・お申込みにつきましては、下記資料をご覧ください。

2021年度総会及び講演会開催のご案内

 

講演会中止のご連絡

jwp

例年通り、実践女子大学にて、6月初旬に講演会を開催する予定でしたが、
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための重要な時期との判断から、中止とさせていただきます。

昨今の状況からご理解の程宜しくお願い致します。

2019年度近赤外線栄養成分測定研究会秋の研究会開催のご案内

jwp

時下益々ご健勝のことと存じお慶び申し上げます。平素は当研究会運営に格別のご理解を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、2019年度秋の研究会を下記の通り開催いたします。ご多忙とは存じますが万障お繰り合わせの上ご出席賜りますようご案内申し上げます。

【研究会プログラム】
日時: 2019年11月30日(土) 15:00~17:00 (受付 14:30~)
場所: 実践女子大学 渋谷キャンパス 7F 701講義室
    (東京都渋谷区1-1-49)

【事例紹介】
15:00~16:10
1. 「食品表示作成システムとカロリーアンサーの連動」
  株式会社ヤオコー 品質管理担当マネジャー 伊藤哲也 氏

16:20~17:00
2.【ニューラルネットワークによるカロリーアンサーの波形判別研究】 
  株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック

研究会参加費
 会員: 無料  会員外: 1,000円  学生: 500円

詳細・お申込みにつきましては、下記資料をご覧ください。
2019年度秋の研究会案内

【関西】カロリーアンサー研究会開催のお知らせ~基本理論・基本操作編~

jwp

研究会では、近赤外線で栄養成分を簡単に短時間で測定できる「カロリーアンサー」について講習します。

受講者は先着20名までとさせて頂きます。参加希望の方はお早めに下記の連絡先へ
E-mailにてお申込み下さい。(応募者多数の場合は、メールにてご連絡致します。)
★参加特典:講習会修了者には修了証明書をお渡し致します。

<講習会>
日時: 2019年10月10日(木) 13:00~17:00

場所: アジア太平洋トレードセンターITM棟エイジレスセンター内
    大阪市住之江区南港北2-1-10 ITM棟11階 Osaka Metro 中央線コスモスクエアにて
    ニュートラムへ乗り換え「トレードセンター前」駅下車直結

費用: 1,200円

講師: ㈱ジョイ・ワールド・パシフィック

持ち物: 筆記用具、(出来れば白衣など食品加工作業が出来る服装)

申込締切日: 2019年9月30日(月)

[申込み先]事務局、会場案内
「近赤外線栄養成分測定研究会」
実践女子大学 食生活科学科
食品化学研究室 奈良 一寛
E-mail :nara-kazuhiro@jissen.ac.jp

<申込用紙ダウンロード>
カロリーアンサー講習会申込み用紙